• 中国の自動車市場、今後10年間も高度成長を持続
  • 2011-11-10  記事を読む:6718
  •  

        中国国家情報センター経済コンサルティングセンターの黄路明・常務副主任は1日、「2011年北京輸入車博覧会」に出席し、「中国の自動車市場は2020年まで第2次高度成長期を持続する。今後10年間、中国の自動車市場は、高度成長を維持するだろう」と予想した。中国新聞社が報じた。
     黄常務副主任は、次のように述べた。
     中国の自動車市場は、WTO加盟後に5つの変化を見せた。第一に、中国の自動車の需要が伸びた。過去10年間の年間平均成長率は24%に達し、1990-2000年の14%を大きく上回った。第二に、国産車が市場の中心となり、90-95%のシェアを占めた(輸入車は約5%)。第三に、中国ブランドの自動車が高度成長し、2008年の18万台から2010年の363万台に達した。第四に、中国の自動車市場が高度国際化を迎えており、グローバル大手が中国に進出し良好な業績を収めている。多くのグローバル大手は、中国を最大の海外市場としている。そして第五に、輸入車の台数が増加しており、2001年の5万台から2010年の77万台に増加した。今年通年で100万台に達する可能性も出てきた。