• 49人は光栄に第3回の東莞市の栄誉市民を獲得
  • 2008-01-31  記事を読む:8742

  •     1月15日,2008年東莞市外商投資企業代表新春パ—ティ—及び東莞市第三回栄誉市民授予式は東莞松山湖凯悦ホテルで行なわれた。刘志庚(共産党東莞市委書記、東莞市人民代表大会常委会主任)と李毓全(副書記、市长)と江凌(市委常委、副市长)、張顺光(市人大常委会副主任)、林明枢(市政治協商委員会副主席)はパ—ティ—に出席した。そして、東莞に進出している世界トップ500の企業、输出大手企業、投資大手企業、納税大手企業などの外商企業代表、第三回東莞市栄誉市民及びインドネシア、ドイツ、タイなど在広州領事館、商会と促進機構代表と東莞市外事僑務局、市対外経済貿易局、市政府台湾事務局など共に500数人がパ—ティ—に参加した。
        まず刘志庚は市委と市政府を代表して、パ—ティ—に出席する代表と貴宾に新年の挨拶をして,東莞の経済社会の発展に貢献した外資企業の代表に感謝の意を表した。
        去年の東莞の経済社会の発展情況を紹介後,刘志庚は今回の栄誉市民を獲得した49人の中、華僑華人、香港、マカオ、台灣、外囯人もいり、東莞投資の模範、公益慈善事業の模範、納税の模範もいる。みんなは東莞の発展に積極的な貢献を作り上げた。栄誉市民称号を獲得できるのは、みんなの誇りだ;このような栄誉市民が東莞市の光栄だ。全体の東莞の人民が彼らに関心し、勉強し、支持してあげようと希望している。
        刘志庚は私達はグローバル化の成り行きに応じ、引き続き思想を解放して、改革開放を堅持し、科学的な発展観の先頭になろうと強調した。同時に市委、市政府は引き続き広大な旅商人のために更に優れていてもっと良い投資環境を提供して、在東莞の外国商人の企業の各種の困難を解決することを助けて、東莞を宜居の生態の都市に建設して、、みんなが東莞で安心で投資して、発展し、仕事が気楽で、生活は楽しい調和がとれた幸福の郷里を確保する。
        李毓全は大沼公紀などに “東莞市栄誉市民”証明書を授予した。
        叶春荣(東莞市台商投資企業協会会长、東莞市栄誉市民)は記者のインタビュ—に出て、東莞で19年間の生活をした、東莞の環境が美しくて、人民が友好的で、経済発展が早くて、社会が調和がとれていて,東莞の栄誉市民に成るということを光栄だと誇りに思ったと喜んで言ている。

        統計によると,2007年、東莞市は利用外資のUSD 54億に逹した。去年と比べ、16.3%增、年間19社の世界トップ500強の企業は東莞での投資が23件ある。外国貿易輸出入縂額はUSD1050億、去年と比べ、24.7%增、その中、輸出はUSD590億、輸入はUSD460億だ。

        第三回東莞市栄誉市民:
        一、投資類:太田義勝、徐沆、郑欽明、黄凰洲、大沼公紀、朱有义、謝志龄、李明晃、孙少文、陳浩成、彭如強、戈大卫、長瀬宁次、宋本中、叶民発、内藤真、内山修、王明康、吴松柏、陶伟洪、郑可明、李文演、郭山輝、刘絢強、郑崇華、蔡其能、唐庆年、神崎芳郎、郑弘瓒、刘晓星
        二、納税類:陳棠華、郑新華、尹凯实、廖有章、林進登、王九全、洪焕青
        三、寄赠類:刘伟燊、陳如月、蔡其建
        四、特殊貢献類:邓焘、朱嘉乐、張德杏、积臣、葉宏灯、張汉文、葉春栄、梁煇崇、謝庆源