• 东莞简介(2006年度日文版)
  • 2007-09-17  記事を読む:9507

  •     東莞市は中国広東省の中南部に位置している。西は珠江の河口に望み、南は香港、深圳、北は広州と隣接している。

        改革開放以来、東莞市は外資を導入して、加工貿易を発展させる方針を確立し、「外向型経済」という経済発展戦略を創造したのである。過去二十何年間、国民経済が年平均20%で急速に発展し、全国もっとも発展が速い地区の一つになって、総合経済力は全国30ベストになった

        歴史文化の名城東莞市は長い歴史と文化を持つ都市である。5000年前からすでに住民がいた。160年前には鴉片戦争直前に有名な鴉片焼き捨て事件が起こった。東莞市には、ドラゴンレース、獅子舞い、曲芸など独特な文化がある。 東莞市は広東省の歴史文化都市であり、中国において、重量挙げ、獅子舞い、水泳、民間曲芸で名高い地方である。東莞市は外資企業が集中し、中国でもっとも大きな国際的な加工製造業基地の一つである。  2006年に、全市総生産高(GDP)は2624億米元あり、工業生産総高は5512億元で、財政総収入は406億元である。年輸出入総高は842.2億ベードル、その中輸出額は473.8億ベードルがある。世界TOP500の中の45社、国際グループ企業は124社、 海外上場企業は800社がある、世界に知られているアメリカのデュボン、スイスのネスレ、フランスのトムソ、 オランダのフィリップス、ドイツのハスト、フィンランドのノキア、韓国三星、日本の日立、新日鉄、ソニー、住友などすでに東莞市に工場を設立、操業している。

        IT産業はすでに東莞の経済の柱となっている。東莞市で加工、生産されているコンピュータの磁気ヘッド、マザーボード、ディスレ、スキャンナ、ドライブ、マイクロモータなどの生産量は世界のトップに立っている。その他、靴、服装、おもちゃ、家具も有名である。

        東莞市はインフラを優先に発展、建設させて来た。 現在、トータル300億RMB以上を投入して、 全市の各町区と村まですべて交通道路や給電、給水、通信などが整備されている。

        一貫として、東莞市は国際都市に近づいて、「能率、廉潔、法律」 モデル政府を目指している。  例をあげると、 「One-Stop」、 「One-package」手続き全過程サービス、政府の資材の仕入れは入札体制などである。

        東莞には昔のまま保存されている古跡―虎門アヘン戦争遺跡が世界の人々によく知られている。その他、明、清の時代の可園、 燕嶺崖、石彫刻、宋時代の黄旗山寺などがある。ここでは、五つ星ホテルは16軒で、三つ星以上のホテルは96軒余りがある。 2006年、 全市の旅客数は1363万人で、 旅行の外貨収入は3.32億米ドルである。

        東莞市の経済の高速発展は、市民の生活レベルをアップさせたこと、社会保障システムが出来上がったことと全国最初に農民養老保険制度を確立したこと示している。

        経済を発展する一方、市の環境保護や教育なども重視する。近年、いろいろな褒賞が得えられた。例えば:国の衛生都市、国の緑模範都市、国の魅力都市、国の経済活発都市、国の名ブランード都市、国の十大競争力都市、国の投資環境優秀都市、国際花園都市などです。

        東莞松山湖科技産業園は、東莞市政府が投資開発する省クラスのハイテク開発区で、東莞の将来的な経済と科学技術の中心地であり、今後の東莞経済発展のリーダーでもある。技術産業園は東莞市の中心部にあり、計画面積は72平方キロで、その内8平方穂キロ近くを湖が占め、自然環境と科学技術産業、都市建設、社会事業の協調した発展を目指して計画され、科学技術と自然が一体化した都市イメージを造ろうとしている。

        技術産業園は東莞市の産業の優勢を拡大し、IT産業を引き続き発展させるとともに、製造業、光学•精密産業、バイオ食品産業、環境保護産業などにも力を入れ、  迅速に松山湖の産業優位性を形成しようとしている。

        技術産業園は 「三つの重点」つまり国内外大手企業と有名企業、  ハイテク産業プロジェクト、  国内外大手企業の研究開発機関を重点的に誘致しようとしている。  東莞市は国内外の投資家と手を携え、 この景色の美しい、 チャンスに溢れた豊かな地で、 創業し、 発展し、共に新世紀の輝きを創造することを心から希望している。