• 外国の経済学者は“東莞の奇跡”驚嘆する
  • 2006-12-29  記事を読む:10269

  •     “東莞、中国の南の1つの都市、過去20年間ずっと毎年20%の伸び率を維持して、境界内でパソコンの必要な部品95%を造ってパソコンを組み立てることができて、世界の工場だと誉められる。”9月19日にシンガポールで開催する国際通貨基金と世界銀行が年次例会を共同する上に世界銀行の首席のアジア太平洋経済学者カラスは東莞に対する陳述で、過去の20年余りで東莞は一つ又一つの奇跡を創造したことを驚嘆していた。
        世界銀行の首席アジア太平洋経済学者カラスは彼の学術レポート《東アジアの復興:増すの理念》で、東莞は1978年ごろただ珠江辺の2500平方キロメートルの村と町であって、40万の人口は主に魚をとって田を耕すに頼っていた。しかし今の東莞は700万近くの人口があって、500数万の外来従業員は数千の工場で働いて、目がくらむほど多くの製品を創造して、世界の工場だと誉められる。
        東莞の経済は過去20年間ずっと20%の成長率を維持している。2004年GDPは140億ドルまで達して、もしただ当地の人口だけを計算するならば、東莞は1人当たりのGDPは2004年に9000ドルまで達して、このように数えてみればそれは中国の最も富んでいる都市だ。たとえ都市の流動人口つまり外来の従業員を計算に入れて、2004年のGDPは1人当たり2000ドルを上回る。東莞は70年代から、特に最近の10年の発展は、誇張に見えるかもしれなくて、ずっと東アジアの中産階級の経済実力の例証になっている。
        中国が改革開放の15年間に、東莞は良好な地理的の位置、しかも十分に安値の土地と労働力が中国の香港と台湾からの中小企業を東莞に工場の生産を設けるように引きつけた。現在東莞には1社の工場だけが全世界の30%以上のビデオのハードディスク用の磁気ヘッドを生産する。別の1社は米国市場の60%の勉強用の電子製品を生産して、ある1社は約3千万携帯電話を生産する。東莞市の境界内で95%パソコンの必要な部品を造って、組み立てることができる。何種類の特定の製品にとって、東莞工場の生産高は全世界の生産高の40%以上を占めた。
        東莞の制造業は急速に発展して必然的にインフラの建設と大量に資源の利用の上にでき上げる。2004年に東莞の電力使用量は352億キロワットで、水の使用量は15億立万で、国家の使用量を多く超える。耕地は工業の用地になって環境に圧力を持ってきた。2004年、東莞は225億トンの工業の廃水を排出して、20トン近くの二酸化硫黄と3万トン近くの工業の固体ごみを出した。土地は前のように安く出来なくて、労働力もそんなに十分で、管理しやすくない。労働力、特に熟練した技術工の不足するニュース、だんだん多くなった。
    しかし東莞はとっくにこれらの問題を理解して、そしてずっと力を尽くしてこれらの問題を解決しにいく。環境と労働者の標準は絶えず昇格させることを得る:2004年、東莞90%の工業の廃水と86%の固体廃物の排出は標準を達成する;93%の二酸化硫黄の排出は標準を達成する。この都市がずっと努力して労働部門を通じて労働者の権利を保障して、そして労働者と企業との良い関係を推進する。同時に、土地の賃貸しからの収入と地方の税収などの財政収入(2004年に10億ドルを上回った)を交通の緩和と道路建設、港の施設と工業園のインフラの上で改善することに用いる。
        2005年の世界銀行が中国の12000軒の企業の行った投資環境の調査アンケートの中で、東莞は投資環境のマクロ統計の順位は第7位に位置して、その上に東莞が政府の効率のミクロ統計が第二位に位置するのだ。