• 香港サ-ビス業 東莞へ進出加速
  • 2006-07-13  記事を読む:9210
  • CEPAに惠まれた香港の投資商人は,東莞の産業支援サ-ビス業をこの二年間の投資の焦点となっいる。
      対外経済貿易局の資料によると,今年1月-3月,香港商人は東莞で設立した“CEPA”ケ-スは11件あり,投資総額6213.71万米ドルに達し,契約利用外資2818.84万米ドル,投資ケ-スは管理コンサルティング、広告、貨物代行、物流等の領域に及ぶ。このほか,CEPAを通じ营業許可登录した企业は100社あまりだ。
      CEPAを実施してから,香港商人の生産、加工の投資から産業サ-ビス業の投資へ始めた。例えば香港永得利会社は虎門港へ1.5亿ホンコンドルの投資をする計画がある。国際市場への倉庫儲藏業務を取りあつかう。これはCEPA実施して以來虎門港の最大の物流項目だ。香港標準検定中心が1500萬USドルを投資し,東莞と內地の各種の工業産品の国際認めたテストと認証サ-ビスを提供するために,東莞で国際標準検定システムを建立した。
      東莞の発達した製造業は世界の注目を集めて,産業支援サ-ビス業へ投資したのは, “東莞生産”は国際市場開拓にもっと多くの商業機会があると香港商人に認められた。