• 50数人の外国人が“難関を突破する
  • 2007-02-14  記事を読む:9986

  •     東莞市の初めての中国語能力検定試験の成績発表

        近日、私が市は初めて外国人に中国語能力検定試験の成績発表した。、記者は東方明珠学校から聞いて、今回は共に70人の中国語能力検定試験に参加する外国籍の受験生の中に20名が《中級の中国語のレベルの証明書》を得ることがあって、36人の受験生は《初級中国語のレベルの証明書》を得て、試験の通す率は80%に達する。
        東方明珠学校は現在の広東省の中国語能力検定試験の三大試験地の1つ、東莞市の唯一の中国語能力検定試験の試験地で、全国の中小学校の中で初の中国語能力検定試験の資格を備える学校で、私が市と周辺部の“外国人達”の中国語能力検定試験のテストと育成訓練を担当している。調査によると、《中国語のレベルの証明書》は英語の“トーフル”あるいは“アイエルツ”に相当して、外国人が試験の獲得する《中国語のレベルの証明書》を通すのは外国人留学生の中国の大学に入る“手づる”なだけではなくて、外国人が中国で働いて就業するのなくてはならない重要な資格の証明書だ