• 東莞のランキングに載る企業数は2割超える
  • 2006-12-12  記事を読む:10280
  • 7月12日午後、商務部が2005年に中国が輸出入額と輸出額の最大の100軒の民営企業の名簿を公表して、東莞民営企業は21軒の企業が100大輸出入額ランキングに載って、19軒の企業が輸出額の最大の100軒ランキングに載る。去年と基本的に同じ。2つの順位のの前10社の企業の中、東莞民間企業は皆4軒占めて、その中の東莞機械輸出入有限会社と東莞市百業輸出入有限会社は皆それぞれ第1、第3位に位置して、再度東莞民営企業の強大な実力を明らかに示した。

        ランキングに載る企業の数量は全国の1/5
        商務部によって、順位の客観性、公正さと比べられさを保証するため、この順位は完全に税関のデータに頼って、企業の申告はいらないで、すべての輸出入を経営する民営企業は順位の範囲に入る。
        2003年と2004年の選出の中で、私が市は入選する17軒と22軒の企業があって、今回の選出の中で、私が市は21軒の民間企業がランキングに載る、1/5を占めた。その中、広東省の東莞機械輸出入有限会社は22.87億ドルの輸出入額、13.18億ドルの輸出額、再度2冊の百強の名簿の首位に位置する、東莞市百業輸出入有限会社はして10.29億ドル輸出入額、6.28億ドルの輸出額で、2つの順位の第3位に位置する。
        “民営の札”の戦略の効果は現れる
        企業の今回の百強の順位の中の優秀な成績を顕れて、再度は私が市の“民営の札”の戦略の効果を明らかに示した。統計によると、2004年7月早めに、東莞の私営経済の総括的な資産は千億元の大台を突破して、2年早めに私が市の2001年に出す“5年で私営経済の総生産量が千億超えることを実現する”の目標を実現した。
        商務部が同時にまだ2005年に輸出額の最大の200軒企業の名簿と2005年に輸出入額の最大の500軒企業の名簿を発表して。輸出額の200強の中で、私が市は東莞機械輸出入有限会社、東莞サムスン視界有限会社などの6軒の企業がランキングに載る;輸出入額の500強の企業にの中で、私が市の東莞機械輸出入有限会社、東莞サムスン視界有限会社などの29軒の企業はランキングに載る。