• 香港企業 東莞外資企業の半分占
  • 2006-07-13  記事を読む:10637
  • 編者話  中国へ進出した一番早い来料加工企業——太平ハンドバッグ工场が東莞の虎門に住み着いたから, 9000社近くの香港企業が东莞に根をおろしたまで,この30年,香港工業産業が东莞に移し,東莞経済が传統的な农業経済から工業経済へ転換の最も重要的な原動力の一つだ。

      “過去の五年間,東莞を第二の故鄉とする。東莞市民と手をつないで進み,このきれいな都市の巨大な発展と成績の証人だ。未来の五年,自信と決心をもって,東莞と輝かしい事業を創業しよう。”これは2006年2月15日,梁伟浩·いま東莞市外商投資企業協会会長,取締役会会長の就職式典のごあいさつだ。東莞改革開放の30年来,香港の商人はずっと東莞発展の参与者と証人だ。
    9000社近くの香港商人東莞集中
       先世紀末,コストが高いので,香港の紡織服裝、靴制り、おもちゃ等軽工業の利潤がどんどん下がるから,企業が重い負担に耐えられなかった。ちょうどその時,中国の改革開放の門が開げたばかり,香港と一衣帶水の関係で,言葉、文化相通する東莞は香港商人の目に入った。
       1978年,中国へ進出した一番い来料加工企業——太平ハンドバッグ工场が東莞の虎門に住み着いてから香港商人は東莞へ投資する幕を開いた。改革開放以來,香港はずっと東莞の外資導入の主な源泉で,東莞の経済建設の中で,香港企業は先導的な役割を果していて,27年連続で投資額は東莞の首位に占めた。
       近年来,東莞はEU、米国、日本、韩国等からの外資導入が良い樣子を保ちながら,香港からの資金も主導地位だ。2005年末まで,東莞に進出した香港企業は8973社に達し,全市の外資企業(三來一補の企業含)の57.32%を占め;契約の外資金額は256.7億米ドルだ。全市の契約利用外資金額の61.89%を占め;実際利用した香港資金は151.8億米ドルに達し,全市の52.77%を占め。その中,投資総額が1000万米ドル以上のケ—スは348社有り,全市の47.5%を占め,契約利用外資はのべ74.6億米ドル;投資総額が1億米ドル超えた香港企業は18社もある。
    小さなケ—ス探りいれから東莞に根おろしたまで
    “始じの時皆は小ケ—スの探りいれ,利益はそんなによかったと思わなかったので,大規模の投資を始めた。”董長江·東莞市外商投資企業協会副会長は記者に言った。先世紀の70年代末から80年代初まで,中国開放したばから,ほとんどの香港商人の投資は主に毛織、服装、おもちゃなど小さなケ—スで,工场をやどって,企業の分布はばらばらだ。
       先世紀の80年代末から90年代まで,たくさんの香港商人は東莞で大規模な投資を始じめた。特に九十年代中後期,東莞への投資は,だんだんIT産品、電器産品など高附加值、ハイテックの領域へ変った。V-TECH、SAE、理文、福安など有名な香港企業がそれぞれ東莞での投資は1亿USドルを超え,研究開発と营業部門が東莞に進出し,東莞に根を下ろそうと決心した。
       おもちゃを例として,数年の発展によって,東莞は香港おもちゃの最大生産基地と原材料の集中地になり,香港系のおもちゃ工场はもう数百社に達した。目下香港は每年約一千亿ホンコンドルに值するおもちゃを輸出する。その70%以上が東莞で生産すると言われている。おもちゃ産業の発展にしたがって,ディスニ、BLUECAT、竜昌など数十社の国際おもちゃ界ボスはあいついで東莞に創新生産基地と研究開発設計中心を設立した。東莞のおもちゃを生産する流程、販売は世界のリ-ドする地位だ。